誹謗中傷をする人の心理

誹謗中傷をする人の心理

近年パソコンやスマートフォンによるネットの普及によって、誹謗中傷をする人が増えてきています。普段は直接言えないことを、匿名性を利用することで発言しやすくなっています。

誹謗中傷をする人の心理は、妬みや嫉妬など、自分を否定されたと感じた時に爆発します。自分に自信を持てず劣等感を感じたとき、少しでも自分を大きく見せようと相手を誹謗中傷します。

そうすることで自分のプライドを守り、相手より自分が正しいんだと思い込もうとしています。人は誰しも承認欲求を持っており、誰かから認めてもらいたい、必要とされたいと思う気持ちがあります。

誰かを誹謗中傷し、自分の優越性を確保することで、無意識的に満たされない承認欲求を満たそうとしているのです。

男性もモテる男に嫉妬して誹謗中傷する?

男性もモテる男に嫉妬して誹謗中傷する?

男性でも女性でも嫉妬心が生まれると誹謗中傷の対象にしたくなります。よって女性よりさっぱりしがちな男性もモテる男には誹謗中傷を働く人もいます。

人は誰だって自分が一番幸せになりたいと願う生き物です。特に独身であれば自分自身を守るだけですから自分が誰よりも幸せであることを願います。

子供が生まれてしまえばその対象は子供に移る事もありますが、自分より幸せな人を妬みうらやむのです。その心が誹謗中傷へと繋がります。

男性は独占欲の塊ですので、好きな女性を取られてしまう、と察知するとその相手を誹謗中傷してその人の魅力を半減させようと努力します。

中傷することによって女性が幻滅してしまう事が目的です。しかし、そんなことをする男性だからこそ持てないのも頷けます。

誹謗中傷することは犯罪になるの?

誹謗中傷することは犯罪になるの?

誹謗中傷をすることは犯罪になっていて、罪状は名誉毀損になるので気をつけましょう。特に現在でインターネットが発達しており、気軽に自分で情報を発信ができるようになりました。

ちょっとしたつぶやきや画像、動画のアップロードでも名誉毀損になることもあります。人生にも大きな影響を与えるので、気軽に発信できるメリットだけでなく、デメリットも考えてから発言をしましょう、

名誉毀損は事実であっても、相手の名誉を傷つけたということになるので、正しいか間違っているかは関係ありません。

誹謗中傷をきっかけに捕まったり、逆に誹謗中傷をされて被害を受けるケースも増えているので、インターネットや周りの人に話すときには注意をする必要があります。