薄毛がダサいと言われる理由は?

薄毛がダサいと言われる理由は?

薄毛が一般的にダサいと言われる最たる原因は、薄毛を理由にして自分自身の見た目を気にしないためです。

髪の毛が薄いからと言って見た目に気を使うことをしなくなると、当然ダサくなっていきます。

服装に気を使ったり最低限の肌ケアをすることは現代社会を生きる上で絶対的に必要なものであるにもかかわらず、髪の毛が薄い人はそのことばかりに気持ちがいってしまい卑屈になり、そういった気使いやケアを怠ってしまう傾向が非常に強いので、結果的にダサくなってしまいます。

髪の毛が薄くてもできるオシャレはありますし、薄毛がどうしても気になるのであれば今の時代は精巧に作られたカツラもありますから、そういったものを活用すれば問題は簡単に解消します。

薄毛を理由にして自分の身だしなみを気にしないで生活していては、どんどんと周りからの評価は下がっていってしまいますから、気をつけましょう。

薄毛が何となく不潔に見えるのはどうして?

薄毛が何となく不潔に見えるのはどうして?

薄毛が何となく不潔に見える理由は、その部分の頭の地肌が日焼けしており、それが透けて見えるからではないでしょうか。

本来、頭皮とは色の白いものです。ご自分の髪を普段の分け目やつむじと異なる場所でかき分けてみれば分かりますが、お腹や太ももなどの、普段日に当てない部分よりも、頭皮の方がもっと白いはずです。

これば髪の毛が密集しているため、ほとんど紫外線が届かず、日焼けしていないからです。

ところが、薄毛だと、当然地肌に紫外線があたり日焼けします。人によって薄毛の程度は違いますが、少しずつ日焼けしていくのは確かです。

従って、本来白いはずの肌が日焼けしており、場合によっては黒光りしているなどの理由により、その箇所が不潔に見えてしまうのです。

極端な長髪と薄毛はどっちがモテないの?

極端な長髪と薄毛はどっちがモテないの?

恋愛をするにあたり自分のコンプレックスがネックになっているかたもいます。たとえばよくいわれるのは薄毛です。

しかし、薄毛の男性は本当にモテないのでしょうか。毛髪がふさふさしてるからといって女性にモテるとは限りません。

おしゃれ感覚で極端な長髪にしている男性もいますが、女性側からすると清潔感に欠ける印象を受けます。似合っていれば良いのですが、極端な長髪はかなり難易度が高いです。

ヘアスタイルで重要なのは清潔感があるかないかの問題です。よって、薄毛と極端な長髪の場合では、後者のヘアスタイルがモテない要素が強いです。

欧米では薄毛やハゲた男性はセクシーといわれています。コンプレックスにするのではなく魅力としてアピールしましょう。